よ う こ そ こんなお店です 商 品について 眼鏡について
営業日案内 地  図 ご来店前に お支払方法
ご 予 約 お問い合わせ ***
***
  大きいメニューボタンへ!(ページ最下部)

 こんなお店です



   ↑
このビルの1階です!店外風景
大きい看板は出していませんので見落とさないように!


店名について
オプティック(Optic)=光学、(めがね)と
ブティック(Boutique)=小規模小売専門店を
掛け合わせた造語です。Opticのpがbになり
オブティック Obtic です。


1996年11月に山口市大内長野におしゃれでありながら
「きちんとしためがね」作りをめざし新規開業

2009年 4月に現在の山口市神田町に移転。
より良いきちんとしためがね作りをめざし日々レベルアップに努めております。


オーナー店長自らが1本ずつ品質・デザイン・ブランドイメージなどを吟味した、商品を仕入れ、フレーム選び・度数調整・加工等まで、全てをオーナー店長が一貫して行うこだわりの一人ショップです。

「とりあえず見える」 ではなく 
「快適で楽にきちんと見える」 
めがね作りを行っております!



本来、めがねとは見づらく不自由な目の疲れを取るための道具です。
めがねをかけると疲れる。
めがねをかけていると鼻や耳、側頭部が痛くなる。又はずり下がる。
運転時など仕方ないからめがねをかけている。
めがねはよく見えないからコンタクトレンズにしている。
という声を聞く事がよくあります。
これらの症状のほとんどはめがねがきちんとできていない事が原因です。
失礼とは思いますが、このような本来の機能を発揮できないめがねの事を「めがねのようなモノ」又は「めがねの形をした雑貨」と言わせて頂いております。
多少の慣れ等も必要にはなりますが「めがねのようなモノ」ではなく「きちんとしためがね」をかければ以上の事は改善されるはずです。

残念なことに世の中「・・・のようなモノ」が結構たくさんあります。
全てにおいて「本物」を見つける事こそ賢い買い物だと思っております。
私もめがね以外は全て消費者ですのでなかなか難しいですが「本物」を見つけるよう心掛けております。


「きちんとしためがね」とは

@無理せず楽によく見え疲れない。

Aずり下がらずまた、痛くならずにかける事が出来る様に調整されている。

B1日中かける事が出来る。(使用目的によって異なる場合が有ります)

Cレンズがフレームに対して無理なく保持されるように加工調整されている事

めがねの機能として以上の@〜Cの4つが備わっていることが大事です。
どれか一つでも欠けるときちんとした機能が発揮できないめがねになります。

Dそしておしゃれであること。
 (お顔にかかるものですから外見も重要な要素ですね)

以上、よく見え、かけやすく、おしゃれであってこそ良いめがねです。
今まで良いめがねに巡り会えなかった方は是非一度、当店のめがねをかけてみてください。
きっと他とは違う何かに気づかれることと思います。


上記@〜Dを兼ね備えた、「きちんとしためがね」をお作りするためには一人一人のお客様にとても手間と時間がかかります。
そのため当店は完全予約制とさせていただいております。
めがね作成にあたってはおひとり様に2〜3時間を要しますので時間の都合上、1日最大で3名様までしか対応させて頂けません。
ご理解とご協力、宜しくお願い申し上げます。


現在、新型コロナウイルス感染予防の為、除菌消毒や換気の時間等従来よりも念入りに行っている
為、通常よりも少ない人数しか対応できなくなっておりますのでご了承お願い致します。

取扱商品の概要及びご予算については 
「商品について」 を、

お時間がございましたら 
「めがねについて」 を、

ご来店時には 
「ご来店前に」 を
ご覧ください。



 == 認定眼鏡士とは ==



現在、日本では眼鏡を販売するのに特に資格を必要としません。
先進国の中で日本のみが眼鏡を扱うに当たって国家資格が有りません。
(色々な理由で現在までこのような状態で至っております)
よってめがねの知識や経験のない素人でもこの業界に簡単に参入しめがねを販売できてしまうのです。
その為、知識及び技術レベルには大変な差が有ります。

そこで2000年より厚生労働省の認可を得て社団法人 日本眼鏡技術者協会が一定の知識や技術レベに達しているかを審査し認定したのが「認定眼鏡士」という業界資格です。
現在は総理大臣認可で公益法人 日本眼鏡技術者協会となっております。

常に最新の知識と技術を磨くために3年ごとの更新制度が設けられており資格維持の為の教育受講が規定に満たない場合は資格喪失となります。

しかし、国家資格のように法的な権限はないため認定眼鏡士が無くても営業する事は今でも可能ですので相変わらずお店ごとまた個人ごとのレベルの差はかなり有ります。

認定眼鏡士在籍眼鏡店をお店選びの一つの目安として頂ければと思います。

参考資料・公的資格制度のある国ページへ
(ここをクリック)



== ユニバーサルカラープランナーとは ==



ユニバーサルカラーコーディネートシステム ロバート・ドア メソッドは
ブルーベース/イエローベースという、ある法則に従い色を組み合わせる事により美しく調和のとれた色遣いが出来るとても優れたカラーコーディネート技法です。

人それぞれに肌、瞳、髪の毛等の色が違います、それらの色をもとにいきいきと見える似合う色を見つけることができるパーソナルカラーもこのシステムで行えます。

めがねやレンズカラー、お洋服、メイク、小物等に至るまでこのシステムを使う事により自然で美しく調和のとれた、あなた本来の個性を生かす色の選び方ができます。

パーソナルカラー以外にもファッション関係や住宅インテリア関係、医療関係、工業製品等々色に関するものであれば全てに応用できる素晴らしカラーコーディネートシステムです。

1928年アメリカのロバート・ドア氏によって発見提唱された、
科学的カラーコーディネート技法(ブルーベース/イエローベース・システム)です。

1950年に米国のスタンフォード大学、UCLA、南カリフォルニア大学、カリフォルニア工科大学の4つの有名大学によって科学的にも立証されたとても素晴らしいシステムです。

現在ブルーベース/イエローベースを標榜するいくつかの亜流のシステムが存在しますが発見提唱者の「ロバート・ドア氏」の正統な流れをくんでいる、本物のブルーベース/イエローベース・システムは
「ユニバーサルカラーコーディネートシステム・ロバート・ドア メソッド」
「ユニバーサルカラープランナー」のみです。

1992年に初めてこのシステム(当時はカラーキープログラムという名称)と出会い、また2005年からはこのシステムを引き継ぐユニバーサルカラーコーディネートシステム ロバート・ドア メソッドを改めて習得。
その後数度のスキルアップ講座を受講し、ユニバーサルカラープランナー公認インストラクターまで習得いたしました。

これらの知識と経験を、フレーム選びや在庫管理その他いろいろと役立たせております。


ユニバーサルカラープランナー・実用色彩調和システム
について詳しくはここをクリック
 (外部リンク)


●認定眼鏡士 
  (内閣総理大臣認可・公益社団法人 日本眼鏡技術者協会認定眼鏡士)
リンク有
●日本眼鏡技術者協会会員
●日本眼鏡学会会員
●OMA
 (日本眼科医会Opthalmic Medical Assistant)    
●ユニバーサルカラープランナー®(カラーーコーディネイト技法)
リンク有
●ユニバーサルカラープランナー協会会員



 よ う こ そ  こんなお店です  商 品について
 営業日案内  地  図  眼鏡について
 ご来店前に  お支払方法  上に戻る
 ご 予 約  お問い合わせ  * * *

 copyright ©  2000-2021  Obtic  All Rights Reserved